SEARCH

cat = news

result = 5859

newsDetail =

post_type = post

is_home
is_single1
is_page
設置校News
國學院大學

第2回法学会講演会

 國學院大學法学会が主催する講演会が11月25日、本学渋谷キャンパスで開催され、(公社)全国消費生活相談員協会相談員の吉松恵子氏を講師にお招きし、「若者の消費者トラブルの実態」をテーマとして実務経験をもとにお話をいただきました。

 吉松氏は国民生活センターで若者からの被害相談を受けている現役の相談員です。講演では実例をもとに、マルチ商法や名義貸しなどの消費者トラブルを回避するための法律や制度の紹介がされました。また、実際に被害を受けてしまった場合には、早急に警察や消費生活センターに相談するようにとのアドバイスもありました。

 参加者の中から「クレジットカードの不正利用や使い過ぎを防ぐために、利用額の通知メールを設定している」など、自分なりの対策をしている学生のコメントがありました。吉松氏は「トラブルを事前に回避し、楽しい学生生活を送ってほしい」と話し講演を締めくくりました。

up