SEARCH

cat = news

result = 5832

newsDetail =

post_type = post

is_home
is_single1
is_page
設置校News
國學院大學

硬式野球部 明治神宮大会1回戦で大会初勝利

 明治神宮野球大会が11月20日、神宮球場で開幕。大会2日目の第4試合に、東都リーグを制した本学硬式野球部が登場しました。11年ぶり2回目の出場の本学は、東北三連盟代表の仙台大学と対戦。終盤の逆転劇で大会初勝利を飾りました。

 冷たい雨が降る中始まった試合は、2回に先制を許し、追いかける展開。3回には先発の坂口翔颯投手(1年)からリリーフ陣にマウンドを託すと、選手登録した5投手の継投で相手打線を3失点に抑えました。

 初回から再三得点圏に走者を進めながらも得点を奪えなかった攻撃陣は8回、代打・青木寿修選手(3年)の適時打で1点を返した。さらに一死満塁と好機を広げ、2番・川村啓真選手(4年=写真上=)が中堅手の頭上を越す走者一掃の適時三塁打を放ち逆転に成功しました。続く3番・山本ダンテ武蔵選手(4年)の犠飛でダメ押し点を挙げ、5-3で勝利を決めました。

 試合後、鳥山泰孝監督「後半必ず流れが来ると何度もチームに行って粘り強く戦うことができた。(川村選手は)気持ちの入った準備をしていた」とコメント。川村選手は「序盤のチャンスをつぶしていて焦りもあったが、冷静にと思って打席を迎えられた。この先の一戦に集中いていきたい」と次を見据えていました。

 九州産業大学との準決勝は、準々決勝は23日15時から行われる予定です。

up