SEARCH

cat = news

result = 4632

newsDetail =

post_type = post

is_home
is_single1
is_page
  • HOME
  • 設置校News
  • 総合教養学科の舛井雄一教授が、えべおつ市民大学「乙なカレッジ」開学記念講演会で講師を務めました。
設置校News
國學院大學 北海道短期大学部

総合教養学科の舛井雄一教授が、えべおつ市民大学「乙なカレッジ」開学記念講演会で講師を務めました。

7月3日、えべおつ市民大学「乙なカレッジ」の開学式が滝川市農村環境改善センターで行われ、総合教養学科の舛井雄一教授が記念講演会で「交流で江部乙をアップデート」と題して講師をつとめました。「これからの地域づくりに必要なものは『交流』とそこから生まれる『つながり』であり、『乙なカレッジ』(農村環境改善センター)が『つながり』の中心になってほしい。」と話しました。当日の会場設営、受付、来場者の案内は、舛井ゼミの学生が担当しました。「乙なカレッジ」は、江部乙地区の住民が主体となり、江部乙にかかわる人や魅力を活かした様々な活動や授業を計画しています。今後予定されている、9月18日開催の「果実酒づくり」も舛井教授が講師を務めます。乙なカレッジの情報は、Facebook「乙カレ・滝川市農村環境改善センター」をご覧ください。舛井ゼミでは、月に一度江部乙駅舎清掃、清掃後の駅舎を用いたカフェや、月ごとの行事をモチーフとした四季折々のイベントを行っています。 舛井ゼミの活動はコチラをご覧ください。 舛井ゼミHP | 舛井ゼミ (mzemiweb.com)
up