SEARCH

cat = news

result = 1040

newsDetail =

post_type = post

is_home
is_single1
is_page
  • HOME
  • 対面授業を継続するために(感染拡大防止のお願い)
國學院大學 北海道短期大学部

対面授業を継続するために(感染拡大防止のお願い)

令和2年12月12日

学生・保護者の皆様


國學院大學北海道短期大学部



対面授業を継続するために(感染拡大防止のお願い)


  本学では令和2年11月27日付け文書にて、新型コロナウイルス感染症拡大防止の徹底を図るための留意点を例示し、学内外においての責任ある行動をお願いしました。学生の皆さんの協力により、現在まで本学関係者の感染報告はなく、予定通り対面授業を継続することができています。

 本学としましては、感染拡大防止対策を進めながら、慎重に状況を見極め、これからも対面授業の継続を進めてまいります。

 なお、北海道では、年末年始を見据えて感染拡大を徹底して抑え込むことを目的に、12月11日までとしてきた集中的な対策期間を更に1か月延長して、令和3年1月15日までとしました。
特に12月25日までを強い措置の期間と定めています。

 学生の皆さんには、今一度北海道の集中対策の趣旨を理解していただくとともに、改めて感染拡大防止の徹底にご協力ください。





  ①3密(密閉空間・密集場所・密接場面)を避けること。


  ②学生同士が集まる会食・課外活動に注意しクラスター化を防ぐこと。


  ③毎朝必ず検温し体調管理を行うこと。


  ④手洗い・マスクを着用すること。


  ⑤入構時のアルコール消毒、サーモグラフィによる検温の実施。


  ⑥寒い北海道で工夫しながら換気を徹底すること。


  (教室では常時少し窓を開けておくか、授業途中の45分後を目安に換気する。)


  ⑦学食は決められた場所に着席すること。(椅子は動かさない。マスクをはずして大声で話さない。)



up